11月 2013 archive

Winter in England

IMAG0343_Fotor

IMAG0344_Fotor

IMAG0345_Fotorイギリスの冬。
すっごく寒くて・・・というイメージですが、本当はそんなに日本と変わりません。
ただ寒い期間が長く、朝は8時まで暗く、夕方3時過ぎ頃には夕方になって・・とても暗いです。
でも私がワーホリ中に過ごした2回の冬は、とてつもなく寒く、大雪が降りました。
ホテルではキャンセルが続出し、仕込んだケーキをスタッフみんなで食べたりもしましたw
そんな中、住んでいた家のヒーティングシステムが壊れ、家の中は外と同じ寒さ、お湯も出ない・・・
という緊急事態もありました。
実はこれ、毎年あって笑
2度目のときはまたか〜〜って思ったんだけど、なんと3週間も家のオーナーが直してくれず・・・
それで私は大やけどをしたのですw
まあ、私がドジだってのもあるんだけど。
日本だったらすぐに直すところ、小さな村では全てがスロー。
そんな不便な暮らしもイギリスという感じです。

Winter in England.
I always imagined that it is so cold but it wasn’t that cold as I imagined.
But winter is long and so dark…
However when I was in England, it was unusually cold and snowed a lot.
Many of the customers of the hotel canceled their stay so all the staff enjoyed the cakes I made for the customers.
Shouldn’t waste lovely sweets! ;)

Around that time, the heating system was broken down in the house I lived.
Oh my goodness, it was freezing cold..we didn’t have hot water either…
But it was a kind of annual event. So the second year, I was prepared for it.Yes I bought a electric heater in my room!
The second year, it was broken for 3 weeks!
I couldn’t believe it.
It never happens in Japan…next day or a day after at least, it will be fixed.
Everything is slow in England, especially in a small village like I used to live…
I enjoyed the inconvenience life in UK though.

上の写真はシェイクスピアで有名なストラットフォードアポンエイボン。
ワーホリ中住んでいたのがストラットフォードからバスで20分ほどの村で、ストラットフォードには買い物をしに毎週行っていました。

The pictures above are taken in Stratford-upon-Avon.
The village I lived was quite close to Stratford,so I used to go there every week for shopping.

この日はとにかく寒く、空気が凍り付いている感じ。
外に出ると皮膚が痛い!
それもそのはず、木が白いのは雪ではないんです、氷なんです。
とーーーってもキレイで見とれちゃうけど、もう見とれていられないくらいの寒さでした笑

それから数週間後、大雪が降りました。

On that day, everything was frozen, even the air was frozen.
These trees were frozen too that’s why they look white, it is not the snow!
So beautiful but couldn’t stand for few minutes outside.

Then a few weeks after, it snowed.

DSCN2710_Fotor

DSCN2713_Fotor_Fotor

DSCN2705_Fotor_Fotor住んでいた家の近くに住むお馬さん。
この子がかわいいんだ〜〜♡
いつも寄って来てくれてなでなでさせてくれます。

He was our neighbor.
He always came to me, and let me touch. So so cute.

RSCN2747_Fotorこの子たちはかなり怖いですw
えさが欲しいのか、すごい勢いで追いかけてきます。
でも愛嬌があって写真で見る分には可愛いですw

These guys were really really scary.
They want food so they run after you!
Look cute in the picture though.

イギリスは春夏がおすすめだけど、こんな素敵な風景を見ると、イギリスの冬もいいなって思うのです。
それになんといっても、冬はプディングがおいしい季節ですからね♪

I like spring and summer in England and I highly recommend to visit in summer.
But it is quite nice in winter too.
The best season for puddings too!

寒い外を眺めながら、ティールームでお茶をしたり、家でほっこりミルクティーを飲んで暖まったり。
寒いのは苦手だけど、イギリスの冬、結構好きです。

Enjoy tea at a cozy tea room or at home with friends…
Yes I quite like winter in England.

 

 

You might also like

Cottage Pie

cottage pie 4コテージパイ。パイはパイでもお菓子ではありません。
イギリスではそういったお料理が結構あります。
しかも、このコテージパイ、パイ生地も使っていないのです。
マッシュポテトでお肉を覆って焼くのですが、こうやって何かをかぶせて焼くっていうのがパイなんですね。
すごく似ているお料理でシェパーズパイというものがあります。
シェパーズパイはお肉が羊肉なんです。上にマッシュポテトをたっぷりのせて焼くのは同じ。
これもすごく美味しいんだけど、日本では羊のひき肉ってなかなか手に入らないですよね。

Cottage pie is one of the most popular comfort food in UK.
It is a kind of meat pie with mashed potatoes.
There is a similar food called shepherd’s pie which is made with lamb and cottage pie with beef.
It is hard to get minced lamb in Japan, so I often make cottage pie, not shepherd’s pie although I prefer shepherd’s pie.

このコテージパイ、初めてホームステイ先で食べて虜になりました!
お肉とマッシュポテトってなんでこんなに合うんだろう?
すごく優しいほっとする味です。
でもこのお料理もスコーンと同じように、家庭それぞれ違う味。
私のステイ先ではグリーンピースを入れて、コンソメと塩こしょうのシンプルな味付けでした。
でも今回、同じくイギリス大好きな友人、けいこさんにコテージパイを教わることに。
けいこさんはイギリスでお料理の学校にも行かれていて、いつも色々教わっています。

けいこさんのコテージパイはトマトジュースとウスターソース、大量のパセリが入って、上品で繊細な味でした。
いつも私はマッシュポテトの上にたっぷりチーズをのせて焼きますが、けいこさんバージョンはそこはシンプルに何ものせずに。。。

The first time I had cottage pie was with my host family.
My landlady taught me how to make, I wrote it down and still use this recipe.
But there are various recipes of cottage pie, each home has different recipe.

I have a friend who learned cooking in UK, and one day we had a British food party.
We cooked food and pudding together. It was so much fun.
Anyway we cooked cottage pie with her recipe.
I was so surprised how different it was from mine.
She used tomato juice and Worcestershire sauce, and lots of parsleys.
I put cheese on top of the mashed potatoes but she didn’t use any cheese, just simply mashed potatoes and a bit of pepper.

It was more sophisticated.

cottage pie_Fotor

 

cottage pie1_Fotorマッシュポテトをのせたらフォークで模様をつけて。
パラリとコショウを挽いて 後はオーブンへ。

cottage pie5表面がこんがりしたら出来上がり。
うーん、美味しそう!

この日の付け合わせはレッドキャベツ&アップル。
こちらも教えて頂きました。
このレッドキャベツはイギリスでは人気の付け合わせ。
私が働いていたホテルでもレッドキャベツを作ることもありましたが、リンゴは入れてなかったのでこちらも楽しみ☆
リンゴはイギリスのクッキングアップル、ブラムリーを使います。
ブラムリーは火にかけるとトロトロに溶ける性質があって、お菓子だけでなくこういったお料理にぴったりなんです。

And we made red cabbage and apple for the garnish.
I use to make red cabbage for the garnish at the hotel in England, but never used apples in it.

 

 

red cabbage n apple_Fotorクッキングペーパーでフタをして、蒸す感じで火を入れていきます。
この鮮やかな色!
リンゴの酸味が利いていて、とっても美味しい!

Look at this vivid colour!
It was really tasty.

cottage pie 6お皿の上も華やかです。

私の大好物、コテージパイ。
ワンランク上の味になって大感激!
けいこさん、ありがとうございました♡

One of my favorite food, cottage pie.
Now I can make really really nice one!
Thank you very much Keiko san.

 

Welsh Cake

welsh cake 1ウェルッシュケーキってご存知ですか?
名前の通り、ウェールズのお菓子です。
とにかく素朴な見た目そのまま、とっても素朴な味。
作り方はスコーンと同じ。
でもオーブンではなく、ベイクストーンもしくはグリドルとよばれる厚いフライパンで焼くのです。
写真に写っている本の写真がそれです。
私はグリドルを持っていないので、厚手のフライパンで焼きました。

スコーンはクロテッドクリームとジャムがかかせませんが、このウェルッシュケーキは何もつけません。
お砂糖が周りにまぶされていることがほとんどで、その上にバターを塗ることもあります。
今回、私はお砂糖をまぶさず、素朴にそのままいただきました。
温かく、もしくは冷たいまま食べられますが、私は焼きたてが一番好き!

焼きたての食感はたまりません。

ほんのり香るスパイスと、サクッ フワッ の食感。

紅茶によく合うお菓子です。
ティータイムに食べるお菓子ですが、私は朝ご飯にしてしまいました。
う〜〜ん、幸せ♡

Welsh cakes.
They are traditional tea time treats in Wales.

They are like scones but are cooked on a bakestone or a griddle which is a heavy iron pan(you can see in the pic) in stead of baked in the oven.
I don’t have a griddle so I used a thick pan, it worked ok.

Normally they are dusted with sugar but I didn’t do it this time.
But I enjoyed a lot.
I think it is the best eaten fresh.

A bit crusty outside and a bit fluffy inside. yummy!

Although they are tea time treats, I like to have them for breakfast :)
Lovely start of the day!
I will definitely make them again.

 

welsh cake

welsh cake 2

 

Christmas Pudding Making

christmas pudding 3クリスマスまであと1ヶ月ちょっと。
街はすっかりクリスマスですね☆ イルミネーションがきれいです。

日本ではクリスマスケーキと言えば、ショートケーキが圧倒的に人気ですがイギリスは違います。
イギリスではクリスマスプディングというドライフルーツたっぷりのプディングをいただきます。
もしくは同じくドライフルーツたっぷりのフルーツケーキ。
材料のほとんどはドライフルーツで、とにかくずっしり。

このクリスマスプディング、もしくはクリスマスケーキはステアアップサンデー Stir up Sundayという日に作られる習慣があります。ステアアップサンデーはクリスマスから4週間前の日曜日のアドベントの一つ前の日曜日。
今年は11月24日です。
この日は家族みんなが集まり、プディング作りをします。
材料を混ぜるときに願い事をするのを忘れずに☆

ですが、この日、カニパーティーに行く予定がある私は、昨日、作ってしまいましたw
I know Stir-up Sunday is 24th November, but I have got a plan on 24th, so I made my Christmas pudding yesterday :)
I made a wish of course!
Is it too early to make a wish? I hope not!!

In Japan, most people like to have strawberry short cake for Christmas.
But after I had a Christmas pudding n Christmas cakes in England, I prefer to have this rich fruits pudding.

christmas pudding

christmas pudding 1ドライフルーツとクッキングアップル、スエット、パン粉、そして沢山のスパイスとギネスなどが入ります。
そう、ギネスです!
ほかにブランデーも入って、かなり大人な味。
パン粉は日本のスーパーで売られているパン粉とは全く違います。
イギリスのパン粉はもっとさらさらしているのです。
私はパンをフードプロセッサーでさらさらにしました。

作り方は簡単で、とにかく材料を混ぜるだけ。
そして一晩置いて、次の日にスチームです。

Just mix all the ingredients and leave it over night, then steam next day.
christmas pudding 2スチームする前。

このプディング、なんとスチーム時間3時間。
普通のプディングの倍かかります。
プディングクラブで作っていたのはもっと大きなプディングだったので、6時間スチームしていました。

スチームしているその間からスパイスのいい香りが♡

蒸し上がりは1番上の写真。
写真だと、違いがよくわからないですね笑

It smelled so good while steaming.
This pudding basin is quite small so I steamed it for 3 hours, the pudding club one took 6 hours!

このプディングをこれから冷暗所において熟成させるのです。
日本で作ったのは初めてなので、どうなるのかとっても楽しみです。
クリスマスに食べるときに、もう1度スチームして温めます。
そしてブランデーソースをたっぷりかけて食べるのです♡
あ〜〜待ちきれない!!

またそのときのことは、改めてアップしますね♪

Now I have to put it in the cold place and make it matured.
This is the first time I made Christmas pudding in Japan, so I am so much looking forward to taste it!
Before serving, I will steam for a while to warm it up and pour brandy sauce.
Yum yum!
Oh I can’t wait!!!!!

 

 

 

Mincemeat

mincemeat2ミンスミートってご存知でしょうか?
ミートと言ってもお肉ではありません。
イギリスではクリスマスになくてはならない味。
スーパーにはミンスミートの瓶詰めが沢山並びます。
そして ミンスパイというこのミンスミートを詰めたパイをクリスマスのころ食べるのです。

ただ私、このスーパーで売られているミンスミートが苦手で。。。
ものすっごい甘さで、一口でギブアップなくらいなんです。
ということはミンスパイもものすごい甘さということ。
なので、あんまりいい思い出は実はないんです。
だけど手作りなら違うかも?と思い、作ってみることに。

ミンスミートとは、たっぷりのドライフルーツにナッツ、お酒、そしてスエットという牛脂、スパイス、そしてリンゴなどを混ぜたもの。
これを熟成させて食べるととっても美味しいのです。
中には1年以上熟成させてから食べたという人も。

スエットは日本では手に入りませんが今年は友達が分けてくれたので作ることが出来ました!
なければ牛脂やバターなどを使ってもいいみたいだし、油脂を使わなくても大丈夫。
そのほうがさっぱりとしているし健康にもよさそう笑

Mincemeat is British traditional sweet for Christmas.
It is a mixture of dried fruits, apples, sugar, nuts, spices, brandy and sue,etc.
Suet is a kind of fat which you can find at the supermarket in UK.
There is a vegetarian suet also.

Normally mincemeat is made few weeks before Christmas.
So the taste gets settled.
Some people make a year or longer before Christmas.

Actually I didn’t like mincemeat very much, because mincemeat from supermarket is too sweet for me.
But I have heard that homemade mincemeat is so tasty.
So I decided to make it this year.

mincemeat右側の白っぽいのがスエットです。

 

mincemeat1作り方は簡単で、ただ材料を混ぜて一日置き、瓶に詰めるだけ。
あとは熟成させれば完成!
今からとってもクリスマスが楽しみです♪

It is so easy to make!
Just mix all the ingredients and leave a day, then put in a container.
I can’t wait to have it!!

mincemeat3プレゼントにしてもいいかも♡
美味しく出来たら来年はもう少し多めに作ろうと思います。

 

 

1 2 3