12月 2013 archive

Sticky Gingerbread

gingerbread2
イギリスから届いたお菓子の材料で最初に作ったのはこのジンジャーブレッド。イギリスにはこのジンジャーを使ったお菓子がたくさんあります。
ビスケットやプディング、こういったケーキも沢山あって、上にアイシングをかけた物だったり本当に色々。
スパイス好きの私はこういったジンジャーを使ったお菓子が大好きです。
その中でも特に好きなのが、このスティッキージンジャーブレッド。

The first cake I baked with British ingredients was this sticky gingerbread.
There are many kinds of sweets with ginger in England.
Biscuits, pudding and cakes…..
I love sweets with ginger as I like spices so much.
Probably my favorite spicy sweet is this sticky gingerbread.

gingerbreadなぜスティッキー(ベタベタ)という名前がついているかと言うと、トリークルと呼ばれる糖蜜(モラセスで代用可能)とゴールデンシロップをたっぷり入れて、焼き上がりが本当にベタベタするからw
それだけヘビーで濃厚、しっとりのケーキということです。

Why is it called ‘sticky’?
That is because this cake is really moist and heavy and rich.
It is made with so much treacle and golden syrup which make the cake really sticky.

これにジンジャーとミックススパイスをたっぷり加えて作ります。
ところで、このミックススパイスも日本で売っているのとはちょっと違います。
成分を見るとシナモン40%、コリアンダー38%、ナツメグ4%、キャラウェイ、ジンジャー、クローブ。
このミックススパイスはイギリスのお菓子にはかかせません。
今回、このミックススパイスも手に入ったので、使ってみました。

ちなみに、ゴールデンシロップは日本でも手に入ります。
オートミールなんかに入れても美味しいですよ!

And add lots of ginger and mixed spice.
It is not the same mixed spice you can find in Japan.
British mixed spice is used for all kinds of cakes.
Ingredients are cinnamon 40%, coriander 38%, nutmeg 4%, caraway, ginger, clove.
Luckily I have got British one so I used it for this cake.

By the way you can find golden syrup in Japan.
I wish I could find treacle too..

 

gingerbread1イギリスからたくさんのお菓子の材料を持って帰ってきてくれた友人に、私の手作りグラノーラとともにお裾分けしました。
喜んでくれるといいな♪

 

あとはお正月に会う両親へ。

 

I baked these cakes for a friend who brought these ingredients from England.
I sent my homemade granola too, I hope she enjoy them.

 

And also I baked for my parents.

 

今年もあと少しですね!
みなさん、2013年はどんな年だったでしょうか?
2014年がみなさんにとって素敵な1年となりますように☆

How was your 2013?
I wish you all have a fabulous new year!

来年春くらいにはお菓子教室スタートしたいなと思っています。
だんだんとこのブログを読んでくださっている方も増えてきて、とっても嬉しく思います。
2014年もThe Pudding Partyをよろしくお願いいたします。

Thank you so much for visiting my blog.
I am so glad that more and more people visit this blog every day.
I am planning to start pudding lessons next spring.
それではみなさん、よいお年を〜♡

 

Have a wonderful holiday and see you next year xx

 

 

Beef in Guinness

beef in guinness我が家のクリスマスディナーはビーフinギネス。
牛肉のギネス煮。
当日も実は忙しく、あんまり手間のかかる物は出来ないなと思い、かなり簡単なクリスマスディナーとなりました笑

とはいえ、煮込み時間2時間半以上。
朝からちょっと病院に行っていたのですが、それがお昼過ぎまでかかってしまい、大ピーンチ!
急いで帰ってきて、すぐに仕込みにかかりました。

作ってしまえば、あとは火にかけておくだけなので楽チンなのだけれど。

まあそれだけじゃあな〜と思って、ダンプリングも作りました。
写真のマッシュポテトの手前にある丸いものです。
ダンプリングは、小麦粉とスエットで作った団子みたいな物。
初めて作ったから、これでいいのか??と思いつつだったけれど、
食べてみると、モチモチしていてとっても美味しい。

ギネスで煮込むので味付けという味付けは入りません。
ただ、最後にちょっとお砂糖を入れるのがポイント。
味に深みが出ます。

Our Christmas dinner was beef in Guinness.
The day we had Christmas dinner, I needed to go to doctor so I thought it was not possible to cook something great.
So it was not a fancy dinner…

But it takes more than 2.5hours to cook.
The doctor was really really crowded on that day, so I came home after noon!
Oh noooo!
So as soon as I got home, I started to cook it.

It is not difficult to cook so I made dumplings too.
It was the first time to make them, so I wasn’t sure if I made it right.
But actually they were really tasty.

You don’t need to add so much salt and pepper as the Guinness itself becomes great sauce.
if you add a bit of sugar, it makes more delicious, you should try it!

beef in guinness1そしてマッシュポテトとグリーンピースを添えました。

なんて簡単なクリスマスディナーw

とはいえ、時間はものすごくかかっています。

3時間くらいは煮込んだので、お肉はホロホロ。
すーごく美味しく出来ました。

 

というわけで、我が家のクリスマスはブリティッシュディナーとなりました。
こういうシンプルな煮込み料理は寒い冬にはもってこいですね!

With mushed potatoes and peas.

What an easy Christmas dinner lol

But anyway I cooked it for about 3 hours so the beef was really tender and so tasty.

So our Christmas dinner was British dinner!
Cold day like this, these comfort food is always good :)

 

 

Christmas Pudding

Christmas pudding0メリークリスマス☆

このクリスマスプディングは先月作っておいたもの。(作ったときのブログはこちら
こうして熟成させるのがポイントです。
もちろん作りたてでも美味しいですが、熟成すると味が落ち着く感じ。
熟成期間は長ければ長い方がいい!という人もいて、クリスマス後に来年のプディングを作る人もいるそう。

でも今ではなかなか手作りする人はいないんじゃないかな?
ショートブレッドで有名なウォーカーズもクリスマスプディングを販売していて、日本でも手に入ります。
(購入したことがないので味はどうなのか分かりませんが・・・)

I made this Christmas pudding last month.
It is important to mature the pudding.
Some people make next year’s pudding after Christmas.

Although there are not lots of people make this Christmas pudding, I think.
You can buy puddings at supermarkets in UK.

熟成させておいたプディングを蒸し直し(レンジでチンでもOK)、ブランデーをたっぷりかけて火をつけます!
この演出を写真に!と旦那に写真撮影をお願いしたら、ピンボケ・・・
もう1度!としたらまたピンボケ・・・
4度目くらいでうまく撮れましたw
ってことで、アルコール度がかなり高いプディングに仕上がりました笑
(もしかしたら、それが狙いだったのか???w)

Re-steam and pour brandy and flame when you serve.
Last night, I asked my husband to take picture this, and it was out of forces…
Try again! and….oh not again….
So we tried about 4 times.
It is a quite alcoholic pudding now!
(probably he planned to make it alcoholic ;) )

 

Christmas pudding9これにたっぷりとブランデーソースをかけていただきます。
ブランデーバターを添えて食べたり、カスタードをかける人もいるようですが、
私はプディングクラブで提供していた食べ方で。
このブランデーソースはミルクを沸騰させて、コーンスターチを入れてとろみをつけ、そこにブランデーとお砂糖を入れて完成。
これももちろん、適当w
かなりブランデーを入れます。

And you should be happy if you like alcohol!
Pour lots of brandy sauce over the pudding and eat.
Some people prefer custard or cream but I like brandy sauce even I can’t drink alcohol.
It makes the taste of pudding better I think.
How to make brandy sauce?
It is so easy!
Boil milk and add cornflower to thicken, and add sugar and brandy as much as you like.

Christmas pudding8食感はモチモチしていて、見かけによらず(?)とっても美味しいです。

すーーーごく濃厚です。

Hmmm it is so rich…very very tasty.

 

我が家ではクリスマスに昔の映画を見るのが恒例のイベントなのですが、
今年はプディングを食べながら、1951年に制作された映画、クリスマスキャロルを観ました。
1843年に出版された英国、チャールズディケンズの有名なクリスマスの物語。
その中で、クリスマスプディングを食べるシーンが!
子供たちが嬉しそうにプディング!プディング!と叫んでいました。

We like to watch old films around Christmas every year.
And this year, we chose to watch A Christmas Carol(1951).
A Christmas Carol is one of the most famous Christmas story by Charles Dickens, published in 1843.
In this story, there is a scene which people eat Christmas pudding.
Kids were so excited to have it!

現代のイギリスではプディングよりも同じようにドライフルーツをたっぷり入れたクリスマスケーキを作る人の方が多いかと思いますが、このクリスマスプディング、本当におすすめです。

Probably most of the people bake a Christmas cake instead of Christmas pudding nowadays.
It takes hours to steam though it is really good.

christmas pudding7みなさん、素敵なクリスマスを♡

Have a lovely Christmas everyone x

 

 

 

A special gift from England

Giftイギリスから日本では手に入らないお菓子の材料が届きました。
というか、イギリスへ行っていたお友達がこんなにたくさん私のために持ち帰ってきてくれました。
日本のものと比べられればそれでいいから少量ずつでいいよ!と言っておいたのですが、
こーーーんなにたくさん。(このほかにも実はまだあったりします)

もう届いたときには絶叫して喜びました笑

重かっただろうに・・・本当に本当に感謝です。

私にとっては最高のクリスマスプレゼント!

今から何を焼こうかワクワクしています。

I have got a parcel from England.
Actually not exactly got it from England, my friend went to England for holiday and she brought them back to Japan.

These are unobtainable British ingredients in Japan.
I didn’t expect this much….
When I opened the parcel, I was really surprised and screamed! lol
I was really really happy!!

It mush have been so heavy….

This is the best Christmas present ever!! :)

I am looking forward to bake British cakes and puddings with these.

gift1デメララシュガーにソフトブラウンシュガー、ダークブラウンシュガー。

日本にある物で代用して作っていますが、どの程度違うのか比較したくて♪

彼女にはこれらの材料を使ってお菓子を焼いて送りたいと思っています。

I wanted to compare how different they are from Japanese ones.

I am planning to bake some cakes for my lovely friend.

本当にありがとう♡♡

とっても感謝しています。

Thank you so so soooooo much!

 

 

Eccles Cake

eccles cake

eccles cake1イギリス北部のランカシャー、エクルスという町で生まれたエクルスケーキ。
別名フライケーキ(ハエケーキ!!もしくはハエのお墓!!!!)。
これは中に入っているカランツの形からきているようです。
でもちょっと、ハエのケーキなんて食べる気が失せますよね笑
名前にケーキとついていますが、ドライフルーツたっぷりのパイです。

そんなエクルスケーキはどんくさい見た目ですが(笑)今ではとってもポピュラーでイギリス中のスーパーで売っています。
でももちろん、手作りが一番!

初めて作りましたが、とっても美味しい物が出来ました。
(といっても、エクルスケーキをイギリスでも1度くらいしか食べたことがないので、これであっているのかどうか・・・笑)

前にチキンパイを作ったときに余ったフレイキーペイストリー(パイ生地)で作りました。

Eccles cake is originally from a town of Eccles.
The nickname is FLYCAKE!! It sounds disgusting…
It comes from the appearance of the currants inside of the pastry…. Hmmm it must be British humor…

You can find eccles cakes at any supermarkets nowadays.
However handmade is the best!
So why not to try making since I have flaky pastry from the chicken pie I made with my friend.
I was a bit worried though, because I have had it only once in my life!

eccles cake3

eccles cake5

 

こんな風に巾着のように包んだら、ひっくり返してのします。

 

eccles cake4カランツが見えるくらいペイストリーをうすくするのがポイント。
おやきに見えるのは私だけでしょうか?笑 (野沢菜のおやき大好きw)

The tip is that you should roll out the cake till you can see currants through the dough.

eccles cake2イギリスで食べた物はもっと中身がぎっしり分厚く入っていた気がします。
でも正直、これくらいの方がバランス的にあっさりしていて好きです。
たっぷりのミルクティーと食べると最高ですね。

I remember the one I had in England was thicker and more filling inside.
But actually it was too sweet for me so I prefer like this.
Another cup of tea please!! ;)

 

1 2 3