5月 2014 archive

Lake District

lake district

 

lake district6英国で最も美しいと言われる湖水地方。
英国人も皆憧れるという理由が分かります。

ピーターラビットはこの地で生まれました。
ビアトリクスポターはこの湖水地方を大変気に入り、ピーターラビットが人気になってから、沢山の土地を買い、この自然を保存しようとナショナルトラストに寄付し、今では広大な国立公園になっているのです。
ステキですよね。

でもこんなところにすんでいたら、ピーターラビットが生まれたのも納得。
想像力豊かになって色々な物語が書けそうです。

 

 

イギリスで美しい場所は沢山ありますが、湖水地方はイギリスのどの地とも違った雰囲気があるような気がします。
そんな湖水地方に1度でいいから行ってみたかったんです。
なので、弟と一緒にロンドンから弾丸ツアーに行く事にしたのでした。

それは朝早く電車に乗り湖水地方について、そこからその日のガイドさんと一緒に色々な場所を回るっていうツアー。
日本語のサイトから予約したような気がするのですが、その日一緒だったのは皆外国人。
オーストラリアから一人出来たという女性やドバイの家族、そしてイギリス人のおばあちゃまたちなど。。。

さて、ここから珍道中が始まります。
もうね、一生忘れられないわ、面白すぎてw

 

車に乗り込んでいざ出発!

いくぞーーーーーーーーーーー

そうしたら、そのガイドさん、おばちゃんだったんだけど、とにかく車をとばすとばす。。。
山道だって、街中だってめっちゃくちゃとばす!

私と弟、車酔いしやすいタイプでして・・・これはヤバいと車の窓側を陣取って、風にあたりながらドライブを楽しみました。
二人で、酔い止め飲んでくれば良かったねって話しながら。

いや、このときはまだよかったんですよ。
このとき、これはまだ序の口だったって思い知る事になるんです。笑

 

lake district1さて、湖水地方と言えばヒルトップ!
ここはビアトリクスポターがすんでいた農場があるんです。
今でもまだそのまま残っていて、見学する事が出来ます。

lake district2

lake district3

lake district4お家の中ももちろん見学出来ますが、写真撮影は出来なかったので写真はなし。
お家の中にはいたるところにピーターラビットの本がおいてあって、絵本のままの世界がそこにはあってすごく感動しました!

ここで美味しい空気を沢山吸って、車酔いも少し治まった頃、出発!

またビュンビュンとばして、次はホークスヘッドへ。

lake district7可愛らしい小さな町ですが、ワーズワースの通ったグラマースクールがあったりします。
ここでは自由行動でランチもここでとってということでしたが、私たちは車酔いでそれどころじゃなく笑
小さなベーカリーでキッシュなんかを買って歩きながら食べました。
車酔いには、美味しいちょっとひんやりとした空気が一番の薬です。

lake district8

lake district9観光客が誰も行かないであろう小さな道を歩いて小川を見つけたり。
そんな事をしていたら、もう集合の時間!
急いで車に帰ってみると、私たちが一番乗り。

そして時間になっても帰ってこない人たちが・・・

それでもほとんどそろったのですが、15分経ってもドバイ家族が帰ってこず。

ガイドさん、カンカン!
次の予定に間に合わない!
みんながその予定に間に合わなかったらどうするの?!

って怒ってると、ドバイ家族が帰ってきた。

さ、ここからが地獄の始まりでした笑

続きはまた次回〜

 

 

 

 

London with my Brother No.2

london w takuya7母との旅もよく歩きましたが、弟とも本当によく歩いて、毎日夜はクタクタ・・・・爆睡でした笑

旅にアクシデントはつきもの。
疲れ果てて夕飯を食べるところを探すのも疲れて、ホテル近くのインドカレー屋さんでテイクアウェイをしました。
そのカレーが激辛で・・・食べている途中でギブアップ。
そこまでは良かったんだけど、二人してお腹が痛くなるっていう・・・笑
何やってんだか!
夜も眠れないくらい辛かったw

正露丸を飲んで朝には回復!

言うまでもなく、ここでは2度と食事しませんでしたw
その他の日は近くのタイ料理屋さんに2回行ったな。あそこは美味しかった!

ロンドンに5泊もしたので安いホテルだったけど、なぜか3人部屋ですごく広く快適でした♪
朝食が朝早く行かないと並ばなくては行けなかったので2日目からは朝も早起き!
足がくったくたのまま、その日、また沢山歩きました。健康的!w

london w takuya9

london w takuya10毎日沢山の美術館やマーケットを巡りながら、こういった観光スポットも行っていました。
弟は写真を撮りすぎて、この橋の上でバッテリーがなくなり撮れなくなりかなり残念がっていました笑

london w takuya16テートモダンから。

 

london w takuya17

 

london w takuya18映画、ブリジットジョーンズに出てきたところ。
すごくカッコいい雰囲気でしたよ!

london w takuya13

 

london w takuya11

 

london w takuya12

 

london w takuya14

 

london w takuya8景色がいい場所には必ずと言っていいほどベンチがあって。。。

london w takuya15こんなのんびりした雰囲気、本当に好きです。

大都会のロンドンですが、驚くほど緑が多いし、広大な公園があちこちにあって本当いいですよね!

美術館とかも無料なのがすごく嬉しい。
気軽にアートに触れられるってステキな事ですよね♪
私が好きな美術館はV&Aとテートブリテンです。
この2つは何度通ったか分からないほどです。
それくらい好き。
イギリスに行かれる事があったら是非行ってみてくださいね!

次は弟と行ったロンドンから弾丸湖水地方の旅です♪
ここでも忘れられない笑える思い出が・・・笑
お楽しみに。

 

 

London with my Brother

london w takuyaワーホリ中、母もイギリスにやってきましたが、その後、弟もやってきました。

まずはコッツウォルズで田舎生活を楽しみ、それからロンドンへ。
(コッツウォルズではホテルの同僚たちと飲んだくれて大変でしたw)

ファッションを勉強している弟はロンドンをすごく楽しみにしていて。
1日目、夕方にロンドンに着きホテルに荷物を置き、それからおしゃれな人が沢山集まるクラブへ行きました!
ご飯もおいしく、楽しかった〜〜

次の日、これまたおしゃれな人が集まるブリックレーンへ。
この日は日曜日でお花のマーケット、コロンビアマーケットがやっている日でした。

london w takuya1

 

london w takuya2おしゃれなパン屋さんでパンを買って♡

london w takuya3こんなでこぼこコンビのミュージック演奏も。

すごく楽しそうで、歩いている人がみんな足を止めて一緒に楽しんでいました。
こういうのってすごくいいよね♪

 

 

 

古着屋さんに行ったり、自分一人だったら行かなかったであろう所に沢山行けて、弟との旅も楽しかったです♪

つづきます。

 

Open Day at Pudding Club

cots10私が働いていた頃、夏にホテルのオープンデーがありました。

それは地元の人に開放して、プディングを食べたり豚の丸焼き(朝キッチンに行ったら、豚が1頭転がっててびっくりしました笑)を食べたり、あとはホテルの庭でいろいろな地元のショップが出店を出したりっていうイベントがありました。

その中で、なんと私がワークショップを開く事に!
カップケーキのデコレーションのワークショップ。

お願いされたとき、え??私でいいの???????ってなりました笑

 

どのくらいのお客様がいらっしゃるのか見当もつかなかったのですが、
もうそれはそれは大盛況で。

朝作っておいたアイシングたちは全く足りず、何度も何度もキッチンへ走って作ったくらいw

pud club3

pud club4
見本を作っておいて、それを見ながら自分でデコレーションしてもらいます。
一緒にやっているのはダニー。
すっごく楽しそうですよね笑

いや本当に楽しかったんです。
顔見知りの方に、

あなたに会いにきたわよ〜

とか言われて、とっても嬉しかったな〜

大人も楽しそうでしたが、子供たちがすっごく楽しんでくれて、嬉しかった♡

pud club5

私、若〜〜い笑 そして顔丸〜い笑

 

プディングクラブでの楽しい思い出です。

 

 

 

 

Pudding Club

pud club8私がプディングクラブで働いていたと言っても、分からない方も沢山いらっしゃると思うのでご紹介します。
プディングクラブはコッツウォルズの田舎町、チッピングカムデンからすぐの小さな村にあるホテル、スリーウェイズハウスで行われているイベントです。
このスリーウェイズハウスのオーナーが、イギリスの伝統的なプディングを守りたいということでこのイベントを始めました。

イギリスでは今、チーズケーキなんかが冷凍で激安で売られていて(しかも結構美味しいw)、そういった手軽な軽いケーキが人気で、昔ながらのプディングを作る人はそうそういないと思います。
昔は学校の給食で出ていたそうですが、今はそれもなくなってしまったよう。こんなに美味しいのに寂しいですね。

 

 

このイベントは毎週金曜日(忙しいときは土曜日も)の夜に行われます。

7時くらいから会場に来られたみなさんでお食事。

その後に、7種類のプディングを食べて投票するっていうイベント。
毎回違うプディングを用意するし、季節ごとに違うので、年に何度もいらっしゃるお客様も。。。
ルールとしては、お皿に1種類ずつしかよそれないということ。
それをキレイに食べてからじゃないと次のプディングを食べれないってこと。

これ、かなり日本人にはキツいようです。笑

私は参加した事はないので満腹感は分からないですが、会場の盛り上がりは半端ないですw

pud club7こちらは冬のプディングクラブ。

スチーム系のプディングが沢山並びます。

pud club1そしてこちらは日本の雑誌RSVPが取材に来た夏のプディングクラブ。
夏は冷たいプディングを沢山作ります。

このように、みなさんすっごく楽しそうなんです。

私も会場へプディングを運んだ事が何度もあるのですが、毎回すごい盛り上がりで。

YouTubeでその盛り上がりを確認出来ますのでよかったら観てみてください♪ (こちら
この動画、私が働いていた頃なので、スタッフみんな知っていてすごく懐かしいです。
みんなどうしてるかな〜

 

 

pud clubこちらがその雑誌。

こうやって日本の雑誌や本に紹介されているので日本からのお客様もすごく多かったです。

pud club2私も小さく載せていただきました。

 

日本からのお客様も多かったですが、アメリカからも多かったですね。
みなさま夜の11時くらいまで食べ続けます。いや〜、すごいですw

毎回60名様くらいいらっしゃるのですが、カスタードの量は大きな鍋2つ分。
プディングは全部4個ずつ用意していました。。。人気のプディングはそれもなくなるほど。
スチーマーはいつもパンパン!笑

 

どうせプディングクラブに行くのであれば、冬のプディングクラブの方がおすすめです。

まあイギリスは夏の方が気候が良くて、旅行に行くなら夏の方がおすすめですけど笑

 

もちろん、スリーウェイズではこのプディングクラブ以外でもプディングは食べる事が出来ます。
普通に注文すると特大サイズで絶対食べきれないので、小さめにしてくださいって注文するのがコツです。
それでも夕飯の後とかだとキツイと思いますがw

まだまだいろいろな種類のプディングをここで紹介しないと!

いつかTomo主催、プディングパーティーを開きたいなと考えています♪
お楽しみに☆

 

 

1 2 3