12月 2014 archive

Mince Pie 2014

mince pie2014 4今年も楽しみにしていたミンスパイ☆
つわりで苦しんでいるときには、今年はムリかも・・・とさえ思ったけれど、無事作ることが出来ました♪

ミンスミートは1ヶ月ほど前に仕込んだもの。

mince pie2014 1昨年よりミンスミート(タルトの中に入ってる具)を盛りだくさんに詰め込んで。(昨年のミンスパイ

生地も薄めにしたし、 今年の方がバランスいい感じ♡
ちなみに生地はちょっぴりシナモン風味。
焼く前からスパイスの香りがして、クリスマス気分を盛り上げます♪

mince pie2014 3

mince pie2014 2

 

クリスマスから毎日1つずつ12日間食べると・・・っていう迷信がありますが、今年も我が家では無理だな〜笑

mince pie2014 5

このお菓子も本当にこの季節限定のお菓子で、だからこそ作る時もワクワクしちゃうんだろうな♪

今年のミンスミートもいいお味でした♡

 

Bramley Apple & Pork

apple&porkブラムリーアップルはイギリスのクッキングアップルっていうことは何度かブログでお話ししてきましたが、いつも私が作るのはお菓子ですよね?
クッキングアップルっていうくらいだから、お料理にだって使うんです。

日本って料理にフルーツっていったら酢豚にパイナップルくらいですよね笑

でも海外だと結構普通。

この前のサンクスギビングで焼いたターキーにはクランベリーソースだし、

スウェーデンのミートボールにもリンゴンベリーっていうベリーのソース。

イギリスではりんごとポークはすっごい定番。

ローストポークにブラムリーで作ったソースが添えてあったりもしますし。

もちろんその他にも色々なお肉とフルーツの組み合わせがあります♡

apple&pork1我が家の冬の定番、りんごとポークのお料理。
とーっても簡単なんですけど、ちょっとスペシャルな気がするのはこの次期限定だからかな。

他のりんごでも実は作ったこともあります。
が、かなり甘くなっちゃうし、やっぱりブラムリーは全然違います。
何より食感が違うしね。

ブラムリーは火にかけると煮とけて、ピューレのようになるのです。
このお料理はピューレになる手前で火を止めていますが、やっぱりとろりと柔らかくなって、ポークとからみやすくなります。

夫も大好きなこのお料理。
また作りたいけど、数少ないブラムリー、お菓子にも使いたいしな〜笑

 

Clotted Cream

clotted cream1ティファニーで朝食を♡
な〜んて映画がありますが、私は何より、こんな焼きたてスコーンを食べれる朝食が幸せ☆
(まあ、もちろん、そんな素敵な朝食を食べに素敵なレストランに連れて行ってくれるって言うなら喜んでついていくけど笑)
健康のことを考えたら・・・だけど、たまにはいいですよね笑

しかも今回はクロテッドクリーム付き!

clotted cream日本で一番簡単に手に入るのは、この中沢から出ているクロテッドクリーム。
昔よりかも大分よくなってる気がするのは気のせい?
トロッとした感じもあって、滑らかな食感はいい感じ。
コクはやっぱりイギリスのものに比べたら劣るかなと思うけれど、牛乳が違うから仕方ないですね。

ちなみにジャムは夫からのお土産の手作りブルーベリージャム。
甘さがかなり控えめで、ブルーベリー本来の味がします。

スコーンはイギリスの粉を使って。
やっぱりイギリスの粉だと全然味がちがーう!
食感も違うからか、夫も気づくほど。
イギリスの粉を使う時は、いつものレシピと違うレシピを使います。
粉の味をダイレクトに感じられるレシピが一番です!

cornwall4こちらはコーンウォールで有名なロッダのクロテッドクリーム。
適度な塩気も感じて美味しいんです。
こちらも日本で最近は手に入りますが、スーパーなどでは売ってないのでお手軽ではないですよね。

 

実はちょっと挑戦したいことがあって。
クロテッドクリームを自宅で作ってみるっていう挑戦☆
時間はかかるけど、やってみたいな〜〜♪

実験したらまたブログにアップします☆

 

 

Eve’s Pudding

eve's pudding

 

シンプルなイギリス伝統のプディング。
ブラムリーアップルに砂糖をまぶし、その上にレモン風味のスポンジ生地をのせて焼き上げたもの。
本当にシンプルで、ほっとする味。

イブのプディングというその名は旧約聖書に出てくるイブからとったようです。
一番最初に記録されているのはなんと1823年の主婦向けの本。
そのころはベーキングパウダーなんてものはなかった時代。
スポンジ生地はパン粉と卵で作った生地だったそう。そっちのほうも気になります 。
イギリスにはパン粉やパンを使ったプディングは結構あるので、またご紹介出来たらなと思います。
ちなみにクリスマスプディングもパン粉入りです☆

eve's pudding1

eve's pudding2こんな感じでりんごがくたっと柔らかくなった上にスポンジがあって、りんごがソースのようになるのです。
もっと小さくカットして焼けばりんごがもっとトロトロになります。
私は少しりんごが形をとどめているくらいが好きなので、これくらいがちょうどいい!

ここにカスタード、もしくは生クリームをかけていただきます。

eve's pudding3

とってもオールドファッションなプディング。
素朴な味でほっこりします♡

ブラムリーアップル、あともう少しあるのであと何を作ろうかワクワクしています♪

まだまだりんごのお菓子は続きます笑

 

 

 

Pumpkin Pie 2014

pumpkin pieサンクスギビングと言ったら!のデザート、パンプキンパイ。

私のパンプキンパイはスパイスがたっぷり入っているので、ちょいと茶色いです。

pumpkin pie2パンプキンはこちらの缶詰を使いました。

日本のカボチャとは違います。
日本のカボチャの方が甘みがあって、ほくほくしている感じ。
でもこのオレンジのカボチャは水っぽくて、あんまり美味しくない笑
だからこそ、パイにするのかもしれないですね。

そして隣においてあるのがモラセスっていうもの。
日本で言うと黒蜜みたいなんだけど、スパイシー。
これを入れているので茶色いパイになるのです。

パイ生地にはシナモン風味のショートクラスト(イギリスのタルト生地)。
見た目をかなり素朴なママの手作り、カントリー風にしてみました笑(といえば聞こえはいいけどただの手抜きw)
pumpkin pie3テーブルに飾って、さあパーティーのスタートです!

デザートタイムにはもちろんみんな、ポーチドペアー&パンプキンパイ、両方食べてくれましたw
(さすがアメリカ男!!笑)

パイにはこれまたシナモン風味の生クリームを添えて。

うまかったーーーー!

 

1 2 3