5月 2015 archive

Birth Story 2

s birth1

最初から痛々しい写真ですみません笑

では続きです。

4月17日は4時起き。
血圧測定やら尿検査やら色々はじめ、5時から陣痛を誘発するお薬を飲み始めました。
そのあとは1時間おきくらいだったかな?(もう記憶があやふやw)
血圧はそのころ120/90くらい。
前日にバルーンと言われる機械を子宮口にとりつけ、強制的に広げる処置も施していたんだけど、
陣痛らしきものはまだまだという感じ。

ただ、チェックしにきていたナースの方に、モニターでは結構いい感じの陣痛が来てるけど痛くない??
と言われた私。
普段から生理痛がかなりひどい方なので、そのころはまだそれくらいで余裕でした笑

7時くらいにMFICUから分娩待機室へ移動。

9時頃内診。
子宮口が4cmくらい開いているとのこと。(10cmで出産となります)
なので、かなりいい感じ!夕方には赤ちゃんに会えそうだね!と言われ、ワクワクしていました。
これから始まる壮絶な戦いなど、まだそのころは知るはずもなく笑

途中から血圧が高くなってきたので、背中から麻酔を入れ始める。
まだまだ痛くないのに、これなら楽チンなお産になるなーなんて呑気に構えていた私w

実は大学病院ということもあり、立ち会い分娩が出来ないとのこと。
夫は強く立ち会い分娩を希望していたので、かなり残念がっていました。
どうにかできないかとドクターに詰め寄るも(笑)、やっぱりダメで、
でも陣痛中の面会だけならということで、面会許可がおり、1時間くらい面会できました。
正直、1人で朝早くからずーっとこれからどうなるのか?と思って戦ってたので、
夫の顔を見てほっとしました。

 

13時半ごろ 子宮口7cm!
18時ごろには会えるのでは?と。
終わりが見えてきた!!!!

途中、人工的に破水させて分娩を早める処置を行いました。

15時ごろ 子宮口8cm!
だんだんと痛みが強くなってきて、フーフー言うほど。
麻酔を追加してもらうんだけど、なぜか左半身だけ効かず。。。
何度も何度も追加して、しかも強い薬に変えてもらうも効かず・・・なぜ?!?!

16時ごろ 子宮口9cm!!
やったーーー!と思うも、ここからがまた長期戦に・・・

18時ごろ 子宮口9.5cm!!
夫が面会。
このころには陣痛はピークに達していて、夫と話す余裕もゼロw
むしろ話しかけるな!!とイライラしたくらい笑
ただ、痛いところをさすってもらって、ちょっと楽になったかな。
血圧もどんどん上がっていて、血圧を下げる薬も入れていました。
そしてなんと、発熱もしてて、38度の熱が出て震えも止まらない・・・
もうこのころから記憶が定かではありませんw

もうすぐ会えるのかと思い気や、全然、子宮口は開いてこなくって・・・
陣痛を誘発する薬を点滴で追加していたんだけど、それでもだめ。
結局20時頃、分娩室へ。
そのまま分娩出来るか、帝王切開になるか、この時点でもまだわからず。
もうこのころ、痛みでもがいてました、私w
寒いし、ガタガタ震えるわ、痛いわで・・・

先生がチェックすると、赤ちゃんの頭が大きくて、通り道の一番狭いところで行ったり来たりしているとのこと。

赤ちゃんも辛いんだな、頑張ってるんだなと思うと頑張れる!そう出産前は思ってたけど、
それどころじゃなく笑

早く産ませてくれーーーーーーー!!!!!

と叫びたかった笑

陣痛がくるたびに、いきむ!が、全く進まないお産・・・

ドクターの判断で、帝王切開ではないけれど、吸引もしくはお腹を押して赤ちゃんを助けつつ出産しましょうと。

吸引はしたくない!!って思ったけど、今は赤ちゃんが無事に産まれてくることが一番だと思い、とにかくドクターを信じることに。

結局、最終的には吸引はしなくて、お腹を押されて出産。
これが尋常じゃなく、信じられないくらい痛かったw
いきむと同時に、ドクターがお腹の上を力一杯プッシュ!!
これを5−6回やったかな?

頭が出てきたよー

と聞こえてから、スルッと産まれるイメージだったし、母が出産のときには快感だよって言ってたから期待してたけど、
お腹押されてそれどこじゃなく、

あともう1回頑張って!

いや、あともう1回で出るかな!がんばれ!!

と言われつつ、まったく快感とか思わないうちに

出たよー おめでとう!!

と聞こえました笑

21時43分 3005gの頭の大きな女の子を出産☆

すぐにうぎゃーと泣いてくれて。
泣き声が聞こえた瞬間、やりとげてほっとしたのと、本当に私たちの赤ちゃんが産まれたんだという感動とで、
涙がつーって自然と流れました。
今思い出しても涙が出てくる、何とも言えないあの瞬間。

と、そんな感動に浸っていたかったのですが、その後、子宮の出血が治まらず・・・
胎盤の処理に時間がかかり、お腹を押されまくり、痛いんですけどーーー!と笑

s birth2

熱38度。
血圧180とか・・・

およそ17時間に及ぶ出産でへっとへとだったけど、本当にこの子に会えて幸せな瞬間でした。

助産師さんが産まれたての娘を私のそばに連れてきてくださって。
するとすぐに私の指をギュッと握る娘。

か・・かわいい〜〜〜〜!!!

助産師さんにおっぱいあげてみる?と聞かれ、もちろん!とやってみると、
すぐに吸い付いてくる赤ちゃん。
本当に本当に感動しました。

私もママになったんだという実感と、この子を何があっても守っていくっていう気持ち。

妊娠するまでも、妊娠中から出産まで、沢山辛いことがあったけど、
こうやって無事に産まれてきてくれた奇跡☆
支えてきてくれた家族や友人への感謝の気持ち。

色々なことを思いながら我が子を初めてこの手で抱いた瞬間は一生忘れません。

あ〜思い出してたら涙出てきちゃった笑

 

 

そして23時頃、やっと夫と対面。
夫の幸せそうな顔を見たら、本当に私も幸せな気持ちに。

さすがにブログにはのせないけど、産まれた瞬間を写真に収めてくださったナースの方や、
冷静な判断をしてくださったドクター、
温かい声を常にかけてくださった助産師さん、
なぜか麻酔が効かず(笑)、何度も管を刺し直して薬を足してくださった麻酔科医の方々・・・
本当に感謝です。

予想よりも遥かに長期戦になってしまったけど、無事に出産出来たのはみなさんのおかげ。
感謝しても、しきれないほど!!

 

この日、結局ベッドに入れたのは24時を過ぎていたんじゃないかな?
ベッドに入ったけど、お尻が痛すぎて眠れるどころじゃなかった笑
この日は疲れていたし熱も出ていたし、血圧も高いしで母子同室にはならず、
次の日から母子同室になりました。

 

いや〜 最後の最後でこんなことになるとは思ってもいなくてビックリしたし、
まさかの救急車だったし、怖かったけど、
そして最終的に麻酔は左半身効かなかったけど、半身でも無痛分娩になってよかったと今では思います笑
あんな長期戦、自然分娩だったらどうなってたことか・・・
とはいえ、世の中にはそうやって出産している方がいっぱいいると思うと尊敬です!

でもこうやって、今、目の前に赤ちゃんがいて、呼吸していること。
もう毎日それだけで幸せです。

妊娠するまでの過程、つわり中、同時進行していたマイホーム購入でストレスいっぱいでイライラしっぱなしだった私ですが、
今は眠れない日々だし、引っ越しの片付けもあって身体は相当疲れているのに、娘がいるだけでとっても穏やかな優しい気持ちになれます。
昔の私に戻れたかな笑

私たちのところに来てくれてありがとう。
これから、沢山、嬉しいこと、楽しいこと、悲しいこと、辛いこと、たーくさんあると思うけど、いつでもそばにママがいるからね♡

もちろん怒ることもあるとは思うけど、いつも笑顔あふれるママでいれたらいいなって思います。
s birth4
退院の日。
私が編んだベビードレスを着せました♡

途中まで編んでたものも完成させなきゃなー笑
出産までに終わらなかったのです。。。できたらまた載せます♪
いつになることやら。。。笑

 

 

新米ママになったTomoをこれからもよろしくお願いします!
これで出産ストーリーは終わりです。

次はここ1ヶ月の育児のこと、ワンコとのことなど書こうかな?と思ってます♪

 

 

 

Birth Story

s birth3みなさま〜

お久しぶりです!

出産、マイホーム購入からの引っ越しと人生の一大イベントが凝縮された4月、5月で全く更新出来ませんでした笑

私事ですが4月17日、3005gの元気な女の子を出産いたしました♡

とっても壮絶な体験となった出産、大変だったけれど言葉では言い表せないほどの感動の体験でした。
それでは出産ストーリースタートです。

 

4月16日は39週の定期的な妊婦健診でした。
毎日毎日、もうすぐだなーとは思っていたのですが、前の週の健診で、まだまだ子宮口も開いてないし、予定日ごろに産まれるかな?と言われていました。
健診のエコーで大きめの赤ちゃんってことは分かっていたので、早く産みたくて毎日、スクワットと散歩2時間くらいを頑張っていました。

そんなこんなで、4月16日はそろそろ産まれてもおかしくないよって言われるかな?くらいに思ってドキドキしながら病院へ。
最初はお腹の張りをみるモニターをつけるのですが、その前に体重、血圧、尿検査があります。
いつも通り終わらせると、ん?血圧高いな・・・でも前もそのくらいのときあったしな〜くらいでモニターをつけながらのんびりしてました。

40分ほどのモニターは正常で、赤ちゃんも元気。

さて内診があるぞ〜と待合室で待ってたら、ナースの方に呼ばれて血圧をもう一度測るように言われました。
で、あれ?上がってる!!
そのとき確か、上が160超えてたと思います。
ナースの方が機械だとたまに正確じゃなかったりするからと、手動で血圧を測ってくださいました。
が、やはり160越え。
普段は私、低血圧で上が100ないくらいなのですが・・・

で、頭痛とか最近なかった?と聞かれ、そういえば数日間、頭痛があったな・・・と。
ただ、それは編み物に熱中して首がこってたので、そのせいだとばっかり思ってたら血圧のせいだったみたいです。

そして、先生による検査。
いつもより念入りにエコー。
赤ちゃんにちゃんと血液が送られているかの検査もしてくださったんだけど、それも正常。
ただ、これは妊娠高血圧症候群というもので、かかるとあっという間に悪化する怖い病気で〜と説明。
とりあえず、子宮口を見てみましょうと言われて、見てみると、1cmも開いていないとのこと。。。
そこでこの日に緊急入院して、次の日、誘発分娩しましょう。
帝王切開になる可能性が高いです。
そうじゃないとお母さんが危ないし、赤ちゃんにも血液が行かなくなっちゃって危ないですとのこと。

この時は、ついにきたーーー!明日出産かーーーー!!

とそのくらいの緊張だけでした。
が、だんだんと不安になってきて。。。

病院まで送ってくれて、待っていた母に報告。

ベッドに移動。

ベッドでもモニターをつけ、常に赤ちゃんが元気か確認。
その間に何度も何度も血圧を測るんだけど、どんどん上がっていく血圧・・・

合間で夫に連絡をしていると、なぜか私の携帯がいきなり使えなくなってさらに焦る笑
母の携帯で夫と連絡を取り合って。
多分、夫は私よりも焦ってたと思うw

そうこうしている間にも血圧はどんどん上がっていて、先生がこの産院では対応出来ないと判断。
近くの大学病院へ救急搬送されることに。。。
事態がどんどん悪化していく状況で、さすがに私も怖くなってきた。
救急車の中では血圧、上が200とかになって、

私、このままどうなっちゃうんだろう?
赤ちゃん、無事に産まれてきてくれるかな?
こんなことになって、夫に申し訳ない・・・

とか色々な感情がこみ上げてきて涙がじんわりと出てきちゃいました。
が、私がここで泣いても仕方ない!と思い、その後は大分落ち着きを取り戻しました笑

 

大学病院に着いて、そこで色々と検査。
ちょっと落ちついたからか、血圧も160くらいまで落ちつきました。
そこで、ドクターに同じように、次の日に誘発分娩で無痛分娩になると言われました。
無痛ではないと、さらに血圧が上がって危ないとのことで。
でもやはり、状況によっては帝王切開になるとのこと。
朝の5時からスタートしますと言われました。

夫はしばらくしてから到着。
相当な取り乱し方で、なぜか花束を抱えてやってきました笑

それがたしか19時頃だったかな。
14時からの怒濤の5時間。
そこから入院と手術のための手続きが大量にあって・・・しんどかった笑

s birth
最後の妊婦写真。
あんまりお腹の大きさ分からないねw

初めての入院。
病院食は減塩の食事だったけどお腹ぺこぺこだったし、なんでも美味しく感じました!

結局、血圧のチェックやら何やらで眠れたのは12時過ぎだったかな。

次の日は4時起きです。

長くなってきたのでつづきます・・・