Archive of ‘scones and biscuits’ category

絶対ふくらむスコーンレシピ!

こんにちは

超おおざっぱでちょっとおっちょこちょいな tomo です

スコーンってみなさん どんなイメージ?

スタバのざっくり?

ホテルのアフタヌーンティーの形の整っているもの?

パンみたいな?

どれも正解!

人の好みってみんな違うから

美味しいの基準もみんな違うから

ただスタバのはアメリカタイプ

ホテルのはイギリスタイプ

私が一番美味しいって思うタイプのものは

イギリスの田舎のティールームで食べたもの

焼き上がる時に あっちにニョキ!こっちにニョキ!っと

変な形に焼き上がっているのがまた可愛い笑

周りはサクッと 中はふんわり

でもしっとりではなく

たっぷりのミルクティーを味わうために

そしてたっぷりとクロテッドクリームとジャムをのせるために

しっとりしてたらダメ!

イギリスの材料で作ったら意外と簡単に作れると思うんだけれども

日本の材料だとなかなか納得のいくものが作れずで

たーーーーーくさんのレシピを試し

材料を少しずつ変えてみたり

計量もちょっとずつ変えてみたり

何度も何度も試して作ったので

正直に言えば誰にも教えたくない!笑

でも今回初めてレシピを公開します

くーーーーーーーーーーーーー!!!!

(まだ出したくない笑)

♦材料♦

薄力粉 250g

砂糖 30g

ベーキングパウダー 15g

塩 ひとつまみ

バター 60g

卵 1個

牛乳 大さじ4

 

♦作り方♦

1 バターは細かい角切りに。オーブンは200度に予熱。

2 薄力粉、砂糖、ベーキングパウダー、塩をボールに入れ、1のバターを加え、両手を擦り付けるようにして、全部がサラサラになるまで続ける。

3 卵と牛乳を混ぜておき、一気に2のボールに入れ、ゴムベラなどでさっくりと混ぜる。

4 だいたい混ざったら、手でまとめ、台に出す。

5 生地をひとまとめにしたら、生地を厚さ3〜5cmくらいにする。(私はのし棒など使わず、手で押さえつけて厚さが均等になったらよしとしています!ず・ぼ・ら)

6 直径5cmくらいの型で抜き、予熱していたオーブンで15分ほど焼いたら完成!

 

♦ポイント♦

この分量であれば、生地はベトベトにならず、打ち粉をしないでもできるはず!

(もしべたつくようであれば、打ち粉をする)

水分を入れた時に混ぜ過ぎない!

好みでレーズンなど一つかみくらい入れると美味しい!

砂糖はグラニュー糖でもいいけれど、私はブラウンシュガーがオススメ!

薄力粉は私はドルチェを使用しています。

 

 

 

 

このレシピだと、何もつけなくても美味しいです

あ〜〜〜 ついに公開しちゃった(←まだ言ってる笑)

みなさん おためしあれ♡

ブログランキングに参加しています

応援クリックしてくださると嬉しいです!

 ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

レシピブログに参加中♪

You might also like

Easter Biscuits

Easter biscuit

 

イースター!
日本でもちょこちょこイースターって言葉が聞こえるようになってきましたよね。
イギリスでイースターのお菓子といえば、ビスケットにシムネルケーキ、ホットクロスバンズ。。。
(名前だけだとどんなものかさっぱり分かりませんよねw)
ビスケット以外も作りたかったけれど、娘の構ってちゃん具合がすごすぎるので笑
今年もビスケットしか作れなかった〜〜〜

来年は一緒に作れたりするのかなあ〜なんて思ったり。

このビスケットもとっても好きなもの。
スパイスがきいていて、カランツ入りです。

スパイス好きの私はたっぷり入れちゃってます♪

イースターだけでなく普段も作りたい、そんなビスケットです♡

 

Tasty British 2days 2nd day

keiko10

keiko11

 

けいこさんとの2日目。
バズの散歩をするのが私の朝の始まり。

朝はけいこさんがスコーンを焼いてくださいました!
けいこさんのスコーンはベーキングパウダーではなく重曹で焼きます。
実は私、けいこさんからお聞きして、何度か重曹で焼いたのですが、なんとなく苦みが残ってしまって。
今はベーキングパウダーで焼いています。
マニアックな話になりますが、ベーキングパウダーは重曹に苦みをなくす成分などを混ぜているんですよね。
そして膨らみ方としてベーキングパウダーは上に、重曹は横に膨らむ性質があります。
重曹を使う場合、苦みをなくすためにクレームオブタータ、もしくはレモン汁などを使うのですが、
けいこさんはヨーグルトを使っているとの事。
今回、ヨーグルトがなかったのでミルクに酢を足して作られていたのですが、とても美味しく出来てました!
お見事〜!
私のスコーンとは大分違うタイプ。
私のスコーンより大分ハードなタイプです。
とはいえ、中はふかっとしていて。
ジャムをつけて食べると美味しい〜

なかなかにほんでは他の人が焼いたスコーンって食べる事がないので(お店でも)面白い!
勉強になりました♡

 

そうこうしている間に、我が家のギャング愛しの娘が朝のお昼寝に入ったので、私がケーキを焼きました♪

せっかく国光がまだあるので、国光入りのケーキを。

keiko12

 

keiko13

 

こんな感じでりんごをシュレッドして生地でサンドして焼き上げます。

 

keiko14

 

スパイス&アップルケーキ。

この焼き上がりがほっこりと可愛いw
イギリスのティールームにどーーーーんって置いてありそうな風貌。

keiko15

 

りんごがとろりとしているけれど、しっかりと味わい深くて。
私的にはスパイスがもっと利いててもよかったな〜という感じ。
次回は改良して作ろう!

 

 

keiko16

 

今回食べたものをずらりと並べてみた!
2人だけで楽しんだとは信じがたい笑

ここだけティールームみたい♡
天気が悪くてちょっと暗かったのが、余計にイギリスっぽくて。

 

 

keiko17

 

そして忘れちゃいけない!
なんとけいこさんがマーマレード作りを教えてくださいました♡
一晩置かなくてはいけないので、お泊まりのときじゃないと出来ないってことで。
我が家の庭になっているなんだかわからない(笑)、夏みかんのようなものをマーマレードに!
これがめちゃくちゃ美味しくて〜♡
キッチン中がオレンジの香でそれはそれは幸せな気分。
こりゃあ、ハマる気持ちがわかります。
が、煮詰める時に日の側から離れられないので、娘がもうちょっと大きくならないと難しいかなw
また来年も作りたい!

そんなこんなで朝から晩まで食べ過ぎw

keiko18

 

夕飯には野菜たっぷりスープを作ってくださいました。

この2日間、お料理と片付けを全てやってくださったけいこさん。
疲れたんじゃないかなあ…
我が家のギャングのフルパワー、見ているだけでも疲れると思う笑
本当に楽しく美味しい2日間、ありがとうございました。

またぜひいらしてくださいね〜♡

 

Magda Biscuit from Keiko

magda1これからのブログは盛りだくさんな濃い二日間で食べたものの記録です笑

夫が出張中、けいこさんがお泊まりで来てくださいました。
まさかこんな日が来るとは!笑

このマグダビスケット、私初めて食べたんだけど、けいこさんがイギリスのお料理学校で作られて気に入って日本でも何度も作っていらっしゃるっていうもの。

 

magdaこちらをお土産で頂いちゃいました。
いつもラッピングされていて、そんなお心遣いも嬉しい♡

こちらのビスケットがねえ、めっちゃくちゃ美味しかったのです。

サクッとした口当たり、でもとっても濃厚。
サンドされてるフィリングからはコーヒーの香がふわっと。

濃厚すぎて一つでお腹いっぱいになるくらい!

紅茶が進む〜〜〜〜
これぞイギリス菓子!

私もそのうち作ってみる予定です♡

 

 

White Chocolate & Cranberry Scone

cranberry scone

あ〜〜 バレンタイン♡笑

スコーンはしょっちゅう焼きますが、バレンタイン仕様です。

実は私、ホワイトチョコは好きじゃないんですけどねw
クランベリーにはホワイトチョコかなと。
赤と白でかわいいでしょ?

もちろん美味しいですよ〜

熱々を食べるとホワイトチョコがとろ〜〜り♡

私は苦手なので、冷まして食べましたけど笑

ホワイトチョコの甘みがクランベリーの酸味とよくあいます。

バレンタインの朝ご飯にいかがでしょう?
あ、朝は渡さないか笑

 

1 2 3 10