Archive of ‘British food’ category

Welshcakes

welshcake

ウェールズのウエルッシュケーキ。

実はずっと私のブログを読んでくれている読者の女の子からプレゼントが届きました!!

いつもとってもよくしてくれている子で。
遠くに住んでいるので会ったことはないんだけれど、なんだか会ったことがある気がするくらい長い付き合いw
ブログって不思議だなあ。

私が作ったウエルッシュケーキの記事はこちら

とってもシンプルなもので、見た目はちょっとパンケーキっぽいけど、
パンケーキみたいにふわっとはしていなくて、ちょっとホロっとします。
焼きたてだと周りはサクッとしてたり。

スパイスが優しく香って、ちょっと寒くなってきたこの季節にとってもいい♡

 

あやかちゃん、いつもありがとう!
いつか会えるといいな♡

 

 

 

Bramley Apple and Pork

bramley n porkご無沙汰しております。

最近、ベビがマミーじゃなきゃイヤーーー!!って時期に突入しまして笑

私が見えないと即泣きます・・・
そして寝る時間もかなり減ったので、寝てる時間に私は走り回っていますw
まだハイハイはしませんが、それに近いズリバイですごい早さで動き回るので目が離せません。。

どうしても無理な時は抱っこして家事をしています。。。

そんなんなので、疲れきってしまうのもありますが、ゆっくりとお菓子を焼く時間も前よりもぐっと減ってしまいまして。

でも夕飯なら一応、毎日作っているのでw (手抜きの場合も多いけど)

こちらは毎年必ず1度は作る、アップルポーク。
いや、名前がなんだか分からんのですが笑

豚肉とりんごって本当に相性がいいんですよね。
そしてりんごと煮込むことで、豚肉も柔らかく仕上がる気がします。

このソースがとっても美味しくて。
残った分はパンにのせていただきました♪
パンはホームベーカリーで焼いた自家製。
といっても、まあホームベーカリーなので入れるだけですが笑
でも焼きたてはやっぱり美味しいですね!!

さて、こんなんなので、今年のブラムリー、なかなか消費出来なさそう・・・
でも焼きたいお菓子はあるので、そのうち焼いてアップします!!

ではでは〜〜

もう11月ですね、はやいーーー!!!

 

 

Bramley Apple Trifle

bramley trifle

 

今年のブラムリーを食べてみて、一番に作りたくなったのがこちら。

トライフル!

今年のブラムリーはなんだか軽いと言ったのですが、だからこそ、こういう爽やか系が美味しいのではないかと思って。

 

 

bramley trifle2

 

一番下にはスポンジ。
いつもはビスキュイで作りますが、今回はパンケーキ。
そう、なんでもいいんです笑
そこがトライフルのいいところ♡
コンテンツはスポンジ、フルーツ、カスタード、クリームというのが主ですが、そこにゼリーが加わったりします。

そこにジンジャエールをしみ込ませて。
いつもなら酔っぱらっちゃうくらいたっぷりとアルコールを使いますが、今は授乳中だしね。
なんでもいいんだけど、ジンジャエールがあうだろうと思って。
あとはエルダーフラワーとか絶対あうけど、近所のスーパーじゃ売ってなくて。

ブラムリーは砂糖と一緒に火にかけてトロトロに。

bramley trifle1

 

カスタードと水切りヨーグルトをのっけて。

そしてクルミをのせて完成!

なんとこれを朝食にいただきました〜
贅沢でしょ笑

お砂糖もあまり使ってないし、トップはヨーグルトだしね〜
パンケーキにりんごジャム、カスタード(砂糖も少し)にヨーグルト。
見た目はえ?だけど、意外とヘルシーでしょ?笑

さっぱりとしてて美味しかった〜〜

今度これのアレンジ系も作ろうと思います♪
お楽しみにー

 

 

Nottingham Batter Pudding

nottingham1

 

今年2つめのブラムリーを使ったお菓子♪

とーってもトラディショナルなプディング。
なのでとってもシンプルです。
ノッティンガムはブラムリーの故郷です。
なので”ノッティンガム”という名前のついたりんごのプディングがあるのは納得ですよね。

さてさて、こちらのプディング。
実はプディングクラブでも作ったことはありませんw
ちょっと実験的なワクワクする気持ちで作りました♡
こういうの好き〜

nottingham

 

芯をくりぬいて、その部分にバターとお砂糖、スパイスを混ぜた物を詰めて。

そこにヨークシャープディング(シュー生地のような)のような生地を流して焼くだけ!
シンプルー!
材料的にはパンケーキと同じような物。
なので朝食にいいかな〜と、朝から実験的に作りましたw

nottingham2

 

ちょっと見た目は悪いけど笑

ブラムリーは火が入るとトロトロになります。
そのりんごと生地を一緒に食べる感じ。
本来なら生クリームかカスタードをかけていただくのですが、朝食だしヘルシーにってことで、
水切りしたヨーグルトを添えました。

お味は・・・

シンプル!笑
ブラムリーの酸味がキュンキュン!
生地にもスパイスが入ってたら美味しいな〜
でもこれは伝統的なプディング。
こういうシンプルさこそが魅力だもんね。
シンプルだからこそ、ブラムリーの味を存分に楽しめる。
やっぱり少し甘みのあるカスタードを添えたらより美味しく、よりイギリスっぽさが味わえる、
そんなプディングだなと思いました。

こういう実験的なプディング作りはいつも楽しい♪
こんなプディングも教室でやったら・・・どうかな?
マニアックすぎるかな笑

 

My Favourite Scone

scone23

 

スコーンには色々なタイプがあります。

フカフカだったり、パンみたいだったり、カリカリだったり・・・

人によってきっと、どのタイプが好きって言うのがあると思います。

私にとってはコッツウォルズのティールームで食べたスコーンが一番。
まわりがサクッとしてて、中はふんわり。
でも全体的にドライで、クリームとジャムをのせて食べて美味しいもの。
そして紅茶が進むもの。
そんなスコーンを目指して何度も何度もレシピを試してきました。

だから正直、スコーンのおいしさには自信があります!
日本の粉ならこのレシピ、イギリスの粉ならこのレシピ!というのがあります。
と言っても、again 人それぞれ好みがあるから、私のスコーンが美味しくないなって思う人もいると思う。

そんな私のスコーンを、前回、けいこさんがいらした時にお出しするのは、ちょっとドキドキしました。

だってイギリスでお料理学校に通われて、素敵なお家にステイされ、
何度も渡英し美味しい物を沢山召し上がってこられたけいこさんですから!
しかも、作るところも見られてるー!!(笑)

自信があるとか言っておいてなんですがw

そんなけいこさんが、私のスコーンを気に入ってくださり、リクエスト。
なので、クランブルを焼いている間にちゃちゃっと作っちゃいます。

scone20

前回は日本の粉で。
今回はイギリスの粉で作りました。

もちろんレシピは違います。

日本の粉でクランブルを作ったあとだったから、粉の違いがすっごくわかる!
そんなマニアックな話が出来るのも、けいこさんとだから笑

今回もけいこさんお手製のジャムをお供に。
冷凍サワーチェリー メテオールを使ったジャム。
やっぱり冷凍だと煮詰める加減がフレッシュのものとは違うようで、見極められなかった〜〜とちょっと不安そうなけいこさんでしたが、
美味しく頂きましたよー!
(残りはヨーグルトと混ぜていただきました♡美味しい〜〜!)

 

このあと、けいこさんがとっても嬉しいことを仰ってくださって。

「Tomoちゃんのスコーンやクランブルが一番イギリスっぽい。Tomoちゃんのお菓子を食べるとイギリスを思い出すんだよね とっても懐かしくて、イギリスでの生活の空気感が甦る」

と!

他でもない、けいこさんにそう仰っていただけて、もう私はウハウハです笑
いや、本当に、とっても嬉しくて光栄です。
またイギリスを感じにいらしてくださいね〜〜
バズ共々、お待ちしております笑

1 2 3 4 5 6