Archive of ‘England’ category

Antique Baby Dress from Rye

baby dress Ryeイギリスのとってもラブリーな小さな村、ライ。

そこへ訪れたのは語学留学の時。
ライについて以前書いたブログはこちら
ライのティールームのブログはこちら

ライに行ったのはティールームを訪れたかったためでもあるけれど、
アンティークショップ巡りもしたかったからです☆

そこで母に買ってきて!と頼まれたのがこちら。

キレイな状態でびっくり。

どんな赤ちゃんがこんな素敵なドレスを着たのかな?

お店でとっても悩んでこちらを購入しました。
他にもたーくさん買いたくって、店員さんとおしゃべりしたり。楽しかったな〜
家具まで買いたくて、日本にどうやって送るのか聞いたっけなー笑

いろんなことを思い出しますね♡

もう何年前のことでしょう。。。

いつかまた行けたらいいな♪

 

 

Baked Camembert with Homemade Cranberry Sauce

baked camembertクリスマスも終わっちゃいましたね。
みなさん、素敵なクリスマス過ごされましたか?

私はもちろん(?)頑張ってディナー作りました。
といっても、サンクスギビングのときに体力消耗しすぎて大変だったので、クリスマスは若干手抜き笑

まず前菜に出したのはカマンベールのオーブン焼き。

このお料理はイギリスワーホリ中、たまに行ったフレンチレストランで食べたお料理。
日本にいる時は苦手意識のあったチーズですが、イギリスはチーズが豊富&安い&美味しいので色々食べてみたりしました。

そんなお料理(というほどのものではないけれど笑)はクリスマスにぴったりかも〜と思って作ってみました。

添えたのは自家製クランベリーソース(サンクスギビングの残り♪笑)。
クルミのローストとロブションのパンもいっしょにいただきます!

baked camember1

 

カマンベールとクランベリーソース、絶対合うだろうなと思って♡

baked camember2また食べたい笑

それくらい好き!

今まで食べたことのなかった夫はこの美味しさに大はしゃぎしてました笑

カマンベールはそのままでも もちろん美味しいんだけど、このとろ〜りとした感じが最高なんです。
そこにクランベリーの酸味とシナモンなどのスパイスの風味が加わって♡

もうこれだけで食事はいい!ってくらい笑

そのうちまたすぐに作ると思いますw

さ、ちゃんとメインも作ったので、お腹いっぱいにしすぎないようにして笑

それはまた次回。

 

Culture Shock ~cooking~

tea room Rye11カルチャーショック、クッキング編!

ビックリしたことは色々あります。
まずはホームステイ先で。

大抵のものは小さな小さなナイフでカットすること!
まな板なしで!
もちろん、使うこともあるけど、ほとんどの野菜類は片手でもってチョップ!
めっちゃくちゃ切りにくそうって思っちゃうんだけど、お母さんはスイスイやってたな〜

そしてお皿洗い。
まずはね、お湯を貯めておきます。
そこに汚いお皿などを入れます。
そしてふきんのようなタオルで拭き洗いして流さず水切りかごへ。
そしてパパが拭いてしまう。

とりあえずね、泡だらけだから!笑

衝撃ですよ、本当に。

なんか慣れたけどさ。笑

 

そんなお家で一度、友達と肉じゃがを作ったことがあります。
学校で自国の料理を披露してパーティーっていう企画があって。
で、肉じゃが作ったんだけど。
すっごく美味しく出来たの。
大量に出た灰汁もキレイに取って。

そしたら夕方のお料理が始まる頃、ママがすっごい剣幕で私を呼んで。。。

何かと思えば、シンクが詰まったと!

日本でこんなこと、なったことない!!

なぜ?なぜ?私の頭の中はパニック。

だけど、これ、きっと灰汁を捨てた時の油だー!と気づいてお湯を流してみることに。
油が固まってしまったんじゃないかと。。。

で、お湯を流してみると、だんだんと詰まりがなくなってきました〜

もうあのママの怒り方と言ったら・・・焦りまくりました笑
本当、なおってよかったー笑

 

そしてホテルでも。
ホテルで何よりビックリだったのは芋洗い専用の機械があること。
その機械に入れて、水を流すと、キレイに皮も向けて出てくるんです。
さすが!芋の国!笑
だけどね、芋。
業務用で頼むから25キロくらいの袋詰めでくるの。
それを持ち上げて機械の中に入れるんだけど、機械の入り口はシンクのさらに50cm以上上。
本当に大変でした。
男の人たちはそのまま持ち上げるんだけど、私に25キロなんて持ち上げられるはずもなく。
時間がかかりまくりでしたw

その芋も写真のジャケットポテトができちゃうくらいだから、一つ一つがすーごく大きいです。

 

ホテルで働いたことなんてなかった私。
大量の仕込みにもいちいちビックリでしたけど。

pud club7

プディングを仕込むのだって、大量!
大きな大きなプディング、一気に沢山出来るようにと大きなスチーマーがありました。
ある日、ホテルのオープンデーの日。
そのプディングが冷凍してある大きな冷凍庫の上に、どーーーんと丸々一匹のブタさんが!
この時は本当にビックリしたなー
お庭で豚の丸焼きをやったみたい。(忙しくて見に行けなかったw)

キッチンで働く唯一の女子の私をからかって、その豚の足だとか顔だとかを持ってきていたずらされたのは言うまでもありません。。。笑

 

クッキング編は本当、色々ありすぎて書ききれないですねw

 

Culture Shock ~home~

cots7今日はカルチャーショック、お家編。

イギリスの家っていうのは古い家がすごく多いです。
古いものを愛するイギリス人。
写真のようなコッツウォルズの家はイギリス人の憧れ。
すーごく値段も高いらしいです。

ただこの茅葺き屋根を張り替える職人さんがもうあまりいなくなってきていて、維持も大変みたいです。
コッツウォルズではこういった家は結構あるので、バスで移動中などよく張り替え模様を見たりしました。

さて。

古いと言うことはやっぱり古いなりの事情もありますw

私がワーホリ中に住んでいた家は築100年以上の小さなコテージ。
そこにポーランド人カップルと住んでいました。

すっごくかわいいんです。
暖炉があって、とってもカントリーな雰囲気。

ワーホリ_Fotor

でもね。

とにかく寒い笑
イギリスの家はセントラルヒーティングというヒーティングシステムがあって、
ボイラーで作った熱湯が家全体をパイプを伝って各部屋にあるラジエーターという放熱器で暖めるのですが、そんなんじゃ全然暖まらないんですよw
ロンドンの家では寒すぎて、いつもラジエーターに背中をくっつけて勉強してました笑

あとね、窓がちゃんとしまらないんです。

york5

こんな感じで古くて歪んでるからガタガタするの笑
そこからすきま風が入ってきて寒いw

ワーホリ中は電気式のヒーターを購入してきて部屋を暖めていたからよかったんですけど。

DSCN2710_Fotor

 

大雪が降った日。
こんな日に我が家はボイラーが壊れ、家全体を暖める機能が停止。
ボイラーが壊れたと言うことはお湯もでないと言うこと。
今だったら笑い話だけど、本当きつかったー笑

日本みたいに、すぐに治してくれないのもイギリス的。
なんと3週間もこんな状態で住んでいたんですからすごいです。
毎日暖炉に火をつけて、部屋では電気ヒーターをがんがんにして暖めていました。

そういえば、私がチェルトナムで語学留学していたときにも災難があって、
その年はものすっごい洪水が起きた年で、水道機能が停止。
シャワーも浴びれないっていう期間がありました。
その時も不便な状態が結構続いたので、なんだか慣れたというか笑

イギリスではお水が高いようで、ホームステイをしている時はシャワーの時間10分と決められていてビックリしました。
チェルトナムの時は、ボイラーをオンにする朝、みんながシャワーを浴びる時間が決まっていて、
ママは何時から、その10分後からパパ・・・
みたいに決まっていました。

まあ私、シャワーとかすっごい早いんで全然よかったんですけど、何よりお風呂が恋しかったし、
浴びたいときに浴びれないっていうのが辛かった。。。

その後、そう言う決まりがない家に引っ越してからはお風呂入り放題で幸せを感じました笑

 

 

古い家は可愛いけど、それなりに苦労もある!
私は寒がりだから冬はきつかったな。
でもそんな不便なイギリスもいいなと思ってしまう私はやっぱりイギリスオタクなのかも?笑

 

 

 

Culture Shock ~supermarket~

Giftカルチャーショック、スーパー編です。

一番ビックリしたこと。
それは店員の態度!!
初めて行ったロンドンのスーパーの店員の態度ったら・・・
信じられないくらい無愛想!
いや、むしろ無愛想を通り過ぎて怒ってるんじゃないかって思ったくらい。。。

日本のサービスって素晴らしい☆

でもそれが田舎に行くとまた全然違う。
ハローと挨拶から始まり、お客さんも店員さんもサンキューと言って別れる。
さらに世間話をしたり、なんかのんびりした温かい空気が漂っていて、日本のマニュアル通りの接客よりも好きだったな〜

 

あと、衝撃だったのは、普通にまだ買ってない商品を食べたり飲んだりしちゃうこと笑

あとで見せてお金を払えばいいのよって感じなんだろうけど、日本じゃありえないですよね・・・

これには本当にびっくりしましたw

 

それからもう一つはIDチェック。
お酒を買う時は必ずチェックされます。
日本人は若く見られると言うのもあるけど、私は20代後半になってもチェックされてたなー笑
何度か忘れて買えなかったことも。。。
だってパスポートなんて持ち歩かないもんねw
これでみんなとクラブに行った時も私のせいで入れなかったことがあります。。。


でもなにより、野菜の種類とか食材が当たり前だけど見たこともないものが売っていて、
外国のスーパーって私大好きなんですよね。
ヒマだと行っちゃうみたいな笑
スーパーそれぞれの雰囲気も違うから、それも楽しめたりw

ダントツで行ってたのはテスコだけど、雰囲気は高級スーパーのウエイトローズが一番好きだったな。
あ、プディングクラブのプディングもウエイトローズで買えます♪

どこでもドアがあったらまずはイギリスのスーパーに行きたいです笑

 

 

1 2 3 5