Easter Biscuits

easter

 

easter1明日はイースターです♪

イースターならではのお菓子の一つにこのイースタービスケットがあります。
イギリス西部発祥のビスケットで直径10センチくらいの大きなビスケットであることが多いです。
そんなイースタービスケットはカランツを入れたちょっとスパイスの香りのするビスケットで私も大好き。
他にも沢山ドライフルーツを入れたりするレシピが多いけれど、私はシンプルにカランツだけのが好きです。
そんな調節も出来ちゃうのが手作りならではの魅力ですよね♪

Happy Easter!!

Easter biscuits are one of the most popular Easter sweets in England.
I love this spicy biscuits with currants.

easter2

ビスケットを焼いたら3枚を1つにしてリボンでまとめるのが習わし。
これは三位一体を表しているとのこと。
イースターは宗教的な行事ですものね。

ちなみにカランツを入れるのには子孫繁栄の願いをこめて入れられるそう。

作り方は至ってシンプル。
表面に卵白や卵を薄く塗って焼くレシピもありますが、私は何も塗らず焼いて焼き上がりに砂糖をかけて冷まします。
こうやってホテルで働いているときに焼いていたから、これが一番ほっとする笑

美味しければどんな見た目でも気にしない、それがイギリス人。

この大胆さがおおざっぱな私には本当にちょうど良かったのです笑
(日本のケーキ屋では絶対に働けないと思うw)

今度はイギリスのホテルでのお菓子作りのことについて書いてみようかな。

Some people brush egg whites on the biscuits before baking, but I like the way I used to bake at the hotel I worked which is simply  bake without putting on the egg whites and as soon as they are baked, I sprinkle sugar over the biscuits.

I think there is no problem if the biscuits are tasty, you can bake however you want.

British people normally don’t care about the looks of the food(like scones for example) if the food is tasty.
(Well good looking sweets are better of course though)
On the other hand, the looks is very very important in Japan.
Every Easter biscuits have to look the same for example.
I don’t really think I can work at any pastry shop in Japan as I am very clumsy ;)

 

easter3ヨークの街角で。

 

 

Leave a Reply