Lake District

lake district

 

lake district6英国で最も美しいと言われる湖水地方。
英国人も皆憧れるという理由が分かります。

ピーターラビットはこの地で生まれました。
ビアトリクスポターはこの湖水地方を大変気に入り、ピーターラビットが人気になってから、沢山の土地を買い、この自然を保存しようとナショナルトラストに寄付し、今では広大な国立公園になっているのです。
ステキですよね。

でもこんなところにすんでいたら、ピーターラビットが生まれたのも納得。
想像力豊かになって色々な物語が書けそうです。

 

 

イギリスで美しい場所は沢山ありますが、湖水地方はイギリスのどの地とも違った雰囲気があるような気がします。
そんな湖水地方に1度でいいから行ってみたかったんです。
なので、弟と一緒にロンドンから弾丸ツアーに行く事にしたのでした。

それは朝早く電車に乗り湖水地方について、そこからその日のガイドさんと一緒に色々な場所を回るっていうツアー。
日本語のサイトから予約したような気がするのですが、その日一緒だったのは皆外国人。
オーストラリアから一人出来たという女性やドバイの家族、そしてイギリス人のおばあちゃまたちなど。。。

さて、ここから珍道中が始まります。
もうね、一生忘れられないわ、面白すぎてw

 

車に乗り込んでいざ出発!

いくぞーーーーーーーーーーー

そうしたら、そのガイドさん、おばちゃんだったんだけど、とにかく車をとばすとばす。。。
山道だって、街中だってめっちゃくちゃとばす!

私と弟、車酔いしやすいタイプでして・・・これはヤバいと車の窓側を陣取って、風にあたりながらドライブを楽しみました。
二人で、酔い止め飲んでくれば良かったねって話しながら。

いや、このときはまだよかったんですよ。
このとき、これはまだ序の口だったって思い知る事になるんです。笑

 

lake district1さて、湖水地方と言えばヒルトップ!
ここはビアトリクスポターがすんでいた農場があるんです。
今でもまだそのまま残っていて、見学する事が出来ます。

lake district2

lake district3

lake district4お家の中ももちろん見学出来ますが、写真撮影は出来なかったので写真はなし。
お家の中にはいたるところにピーターラビットの本がおいてあって、絵本のままの世界がそこにはあってすごく感動しました!

ここで美味しい空気を沢山吸って、車酔いも少し治まった頃、出発!

またビュンビュンとばして、次はホークスヘッドへ。

lake district7可愛らしい小さな町ですが、ワーズワースの通ったグラマースクールがあったりします。
ここでは自由行動でランチもここでとってということでしたが、私たちは車酔いでそれどころじゃなく笑
小さなベーカリーでキッシュなんかを買って歩きながら食べました。
車酔いには、美味しいちょっとひんやりとした空気が一番の薬です。

lake district8

lake district9観光客が誰も行かないであろう小さな道を歩いて小川を見つけたり。
そんな事をしていたら、もう集合の時間!
急いで車に帰ってみると、私たちが一番乗り。

そして時間になっても帰ってこない人たちが・・・

それでもほとんどそろったのですが、15分経ってもドバイ家族が帰ってこず。

ガイドさん、カンカン!
次の予定に間に合わない!
みんながその予定に間に合わなかったらどうするの?!

って怒ってると、ドバイ家族が帰ってきた。

さ、ここからが地獄の始まりでした笑

続きはまた次回〜

 

 

 

 

Leave a Reply