My Favourite Scone

scone23

 

スコーンには色々なタイプがあります。

フカフカだったり、パンみたいだったり、カリカリだったり・・・

人によってきっと、どのタイプが好きって言うのがあると思います。

私にとってはコッツウォルズのティールームで食べたスコーンが一番。
まわりがサクッとしてて、中はふんわり。
でも全体的にドライで、クリームとジャムをのせて食べて美味しいもの。
そして紅茶が進むもの。
そんなスコーンを目指して何度も何度もレシピを試してきました。

だから正直、スコーンのおいしさには自信があります!
日本の粉ならこのレシピ、イギリスの粉ならこのレシピ!というのがあります。
と言っても、again 人それぞれ好みがあるから、私のスコーンが美味しくないなって思う人もいると思う。

そんな私のスコーンを、前回、けいこさんがいらした時にお出しするのは、ちょっとドキドキしました。

だってイギリスでお料理学校に通われて、素敵なお家にステイされ、
何度も渡英し美味しい物を沢山召し上がってこられたけいこさんですから!
しかも、作るところも見られてるー!!(笑)

自信があるとか言っておいてなんですがw

そんなけいこさんが、私のスコーンを気に入ってくださり、リクエスト。
なので、クランブルを焼いている間にちゃちゃっと作っちゃいます。

scone20

前回は日本の粉で。
今回はイギリスの粉で作りました。

もちろんレシピは違います。

日本の粉でクランブルを作ったあとだったから、粉の違いがすっごくわかる!
そんなマニアックな話が出来るのも、けいこさんとだから笑

今回もけいこさんお手製のジャムをお供に。
冷凍サワーチェリー メテオールを使ったジャム。
やっぱり冷凍だと煮詰める加減がフレッシュのものとは違うようで、見極められなかった〜〜とちょっと不安そうなけいこさんでしたが、
美味しく頂きましたよー!
(残りはヨーグルトと混ぜていただきました♡美味しい〜〜!)

 

このあと、けいこさんがとっても嬉しいことを仰ってくださって。

「Tomoちゃんのスコーンやクランブルが一番イギリスっぽい。Tomoちゃんのお菓子を食べるとイギリスを思い出すんだよね とっても懐かしくて、イギリスでの生活の空気感が甦る」

と!

他でもない、けいこさんにそう仰っていただけて、もう私はウハウハです笑
いや、本当に、とっても嬉しくて光栄です。
またイギリスを感じにいらしてくださいね〜〜
バズ共々、お待ちしております笑

Comments are closed.