Nottingham Batter Pudding

nottingham1

 

今年2つめのブラムリーを使ったお菓子♪

とーってもトラディショナルなプディング。
なのでとってもシンプルです。
ノッティンガムはブラムリーの故郷です。
なので”ノッティンガム”という名前のついたりんごのプディングがあるのは納得ですよね。

さてさて、こちらのプディング。
実はプディングクラブでも作ったことはありませんw
ちょっと実験的なワクワクする気持ちで作りました♡
こういうの好き〜

nottingham

 

芯をくりぬいて、その部分にバターとお砂糖、スパイスを混ぜた物を詰めて。

そこにヨークシャープディング(シュー生地のような)のような生地を流して焼くだけ!
シンプルー!
材料的にはパンケーキと同じような物。
なので朝食にいいかな〜と、朝から実験的に作りましたw

nottingham2

 

ちょっと見た目は悪いけど笑

ブラムリーは火が入るとトロトロになります。
そのりんごと生地を一緒に食べる感じ。
本来なら生クリームかカスタードをかけていただくのですが、朝食だしヘルシーにってことで、
水切りしたヨーグルトを添えました。

お味は・・・

シンプル!笑
ブラムリーの酸味がキュンキュン!
生地にもスパイスが入ってたら美味しいな〜
でもこれは伝統的なプディング。
こういうシンプルさこそが魅力だもんね。
シンプルだからこそ、ブラムリーの味を存分に楽しめる。
やっぱり少し甘みのあるカスタードを添えたらより美味しく、よりイギリスっぽさが味わえる、
そんなプディングだなと思いました。

こういう実験的なプディング作りはいつも楽しい♪
こんなプディングも教室でやったら・・・どうかな?
マニアックすぎるかな笑

 

Comments are closed.